北海道の蟹を含めた旨いモノ達について

   

満月です。

せっかくの3連休だと言うのに、この雨である。

選挙の用紙も着てはいたが、却下する。

今日は菊花賞があるので、好きな馬の単勝を買って見たい欲望にも駆られるが、

コスト削減の為に来る日が来るまで、辛抱する。

ぐっすりと眠れたので、調べ物に時間を割いた。

新しい提携先を求めてである。

良いのが見つからなかった。

 

俺には俺のルールが結構ある。

其の内の一つに、俺自身が納得した物しか掲載しない。と言う事がある。

効きもしないだろう育毛剤だのの、広告を出した事はない。

 

ネットで売れるものは、持ち運びが不便な物、ヒトに相談できない物、その他なんちゃら~。

セミナーなどでそんな事をよく言っていると聴いた事もある。

ドロップシッピングに興味を持っていた時期には、家具を売れと、言っていた。

家具についても不満を、ある程度持っていた俺は、

一人暮らしに特化した家具屋とだけ、業務提携をしている。

記事は既に、2回ほど書いた。160センチ未満の女の子のためのベッド、とか、

ベッドの下に大量に収納できるスペースを持ったベッド、とか。

東京のお部屋事情にマッチしたとこだけ、掲載した。

後はニトリかイケアにでも任せておけばいいだろう。

ちなみに、無印よ。高いよ、きみんとこは。。

其の家具屋については、又、12月か1月の引っ越しシーズンの前に掲載しますよ。

東京でのお役に立てることをシーズンの前に掲載する。

参考にしてくださいね。

 

もう既におせちについての原稿を書いた理由は、まず、生活保護の寮でおせちが

出てこなかった事が、大きな理由だ。聴けば、刑務所でも、おせちは出ると言う。

死なない程度の最低限の生活しか与えられなかった事への怒りだ。

まぁ、それは、それでいい。

 

もう一つの最大級の問題は、早割りが効くこと。

そして、もたもたこいていると、評判のいい所の物が、完売に成ってしまうからだ。

俺は今、冷蔵庫も持っていない。

でも、もう、既に、セブンで一人用のおせちは予約した。

ポイントで買えるから。

こつこつと貯めたナナコのポイントで、先月の給料日前には、トイレットペーパーも手に入れた。

まぁ、それもいい。

 

さて、今回の記事の本筋だ。

網走水産という会社の話だ。

北海道には、当然のようにかにを取り扱っている会社も、多い。

実は俺は、40代の頃、北海道には3度行ったことがある。

知る限り、札幌しか繁栄してはイナイ。

だが、函館、小樽、旭川、十勝、北見、静内、苫小牧、登別には、行った。

美食は札幌に限ると踏んだ。

しかし、実際に行ってみるとだね、他に上手い物がたくさんあるのだよ。

これは、実際の話だが、函館で泊まったホテルには、朝飯が付いてきた。

ビュッフェスタイルだったが、俺は、イカの塩からしか取らなかった。

2回、お替りした。

旨かったんだ。本当に。。

札幌に泊まりたいと思った時があったが、気の利いたホテルは、何処も一杯だった、日があった。

俺は千歳のホテルを予約した。

駅前のホテルだったが、周りに店が少ない。コンビニで晩飯と酒を手に入れた。

金にモノを言わせた、旅行など、久しくはしていない。

だが、余所の方よりは、北海道の旨い物は知っている。

そして、熟考の結果、俺は此処を選んだ。

其処が此処だ。

北海道網走水産

相変わらず、ダサいバナーだ。

だがしかし、クリックして見てください。

中身は、まぁ、観れます。

 

オホーツクで捕れる魚が、果たして、海に面してない札幌に本社を置く会社に調達できるのであろうか。

東京で言えば、練馬に本社を構えるアパレルの会社と同じではないの。。

 

今回は内容の勝負である。

蟹は年末にでも買えば良い。

余所でも買える。

例えば、俺の所にいい蟹が届いたとする。だが、余所にも同じ物が届くとは限らない。

俺は前から此処と提携している。

粗末な物を送ってくるわけが無い。

一般の方に、同じ程度の実のぎっしり詰まった蟹が届くのか?

俺の紹介なら、届く。

仮に、もし、届かなかったら、俺は、飛行機に乗って、話を付けに行く。

 

ただ、今回は、蟹を買って貰いたいのではないのだ。

ホッケの良いのと、松前漬け、そして、ケイジだ。

正しく理解して貰いたいのだが、ホッケのいいのは丸々と太っている。

ホッケはマグロではない。皮と身の間に脂が乗る。

肉料理に例えれば、鴨か鳩に近い。

身は淡白だが、皮の周りに脂身が乗る。

そして、でかい。

フライパンにクッキングシートを敷いてそれからじわじわ焼けば、

とんでもなく旨い代物となる。

脂分が多いので、醤油がはじかれていく。。

旨いかどうかは判らんが、都内のデパートで1000円以上するであろう。。

一匹を一人では喰い切れはしない。

皆で食うものだ。

 

次に松前つけ。

良いお米で、美味しく炊いたご飯に一杯乗っけて、どんぶりにしてしまえ。

お味噌汁はわかめは、お豆腐の簡単な物が遭う。

トン汁ではないぞ。判るかね??

さぁ。問題は、鮭児だ。

素人には無理だ。

俺のように旦那に料理人を持った方、あるいは自身の腕に自身のある方にしかお勧めが出来ない。

築地でマグロの塊を買った方がはるかに安い。

うろこを丁寧に落とすと、皮だけで、揚げた、もしくは、あぶった物だけで、3000円は貰える。

カマは片方、焼いただけで、10000円でいいだろう。

三枚おろしにして、骨の周りに付いた身はあぶって、お握りの身にしていいだろう。

このお握りは、1個1800円でいいだろう。。

それでも利益が出るかどうかは判らん。

そもそも、出てこない物なのだ。

そして、此処では、買える。

 

だからダサいHPでも載せたのだ。

中身一本。

今回はこれで行く。

 

それから、俺はブログ村のバナーを変えた。

鬱だろうが、世の中にはもっと俺より苦しんでいる方が多いと感じたからだ。

元の渋谷情報に戻した。

ヒーヒーだろうが、俺は未だ、働ける。

 

ダサいHPなれど、中身は決して馬鹿にしたものではない。いいね。

柴田満月にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 渋谷情報へ
にほんブログ村

 - 商品記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。