職人の手作り シルバー&革アクセサリー AJINA

   

満月です。

今回は文京区にあるショップAJINAを紹介します。

「味な」って意味だそうです。

実は渋谷原宿代官山にもシルバーや革のショップは数多くあるはずだ。。

俺も業務提携してあるところも無いわけではない。。

しかし、ほとんどの多くのショップはダサいのだ。。。

お!いいじゃん。。。と思うとこは馬鹿高いのだ。。。

適切な価格でいい革を使い、上品に物をこさえているとこなど、5箇所も無いはずだ。。

ヒントとして、原宿と代々木に近い方に其の系統の店があるとだけ言っておこう。

業務提携していないのだ。後はどうなろう知ったことではない。。

話をAJINAに戻そう。

元々はシルバーの職人さんであったそうだが此処のは上品さがある。

小銭入れやパスモケースなどに品が出ている。

IT関連の方々のお財布としても必ずやご満足頂けるでしょう。

女性客7~8割ってことも頷ける。

革はイタリアンブッテーロという、牛革。

そして、ミシンを使わず、完全手縫い。。

おまけに永久保証。。。

勢いのあった頃の俺は、ハンティングワールドの財布と、その後にはバイカーズウォレットに拘った。。

事故に遭い生活保護になった俺は100円ショップで買ったナイロンのべりべりと使うたびにやな音の

するやつを、2年近く使用した。支払いのたびに財布を見せるのが恥ずかしかった。

穴が開いて、小銭が財布から出てきちまうようになったので、現在の財布に落ち着く。

東急ハンズで買った3000円の物だ。。現在のところ、何の不満も無いが、

次に買う物は、10万円クラスのものにしたいとの希望を持っている。

勿論、特注のバイカーズウォレットにだ。。

何故、特注なのか?それは、既存の製品は、金がまとまってはいるようには出来ていないからだ。

金がいっぱい入らないような財布を持つ物が果たして収入だけ増えるのかね??

は?カード??外国に行ったことがないのかね?

外国の金は、日本の紙幣のように上質ではないのだ。よって、30万くらいのお金でも、

日本円での100万位の厚さになるのだ。。

つまり、マチが必要なのだ。

イメージトレーニングとして、有名ブランドを数件回ってみた。

外国の金の品質の悪さから、マチを多く取っていて、金が一杯入る財布はあるかね?

たった一軒だけが其のケースを想定して、製品を作っていた。

ルイビトンだけである。。

さすがだなぁ。。。。

 

再びAJINAに話を戻す。

ここは、特注もきく。

パスモを使い、小銭入れを必要としない方は其の分、カードホルダーを多くしてもらったり、

俺が望んだようにお札が一杯入るようにしたり、色々出来るではないの。。

では広告を出しましょうね。ここです。


いいとこだよ。。ここは。。。

丸の内でブレイクしてもらうことを望むね、俺としては。。

俺も将来、此処でこさえてもらうつもりさ。満月モデルでもね。。。

ではまた。。

柴田満月

 - 商品記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。