一人飲みについての考察

   

満月です。

今日は起きたら、街へ出ようと思っていた。

善い所であれば、許可を貰って、本館のほうにリンクを貼らせて貰いたかったからだ。

恐らく大勢の方がご存知無いにも拘らず、価格以上の価値のある服を売っているところを、

俺は何件も知っているからだ。。

現在、9月以降、俺は本館にアフリの宣材を載せていない。。

本館の方は、検索キーワードなど、全く無視して、好き勝手な事ばかりを書いていく。

丸ごと、ワードプレスへ引っ越しをを考えなかった訳でもない。だが、そのまま残すと決めた。

seesaaネットの本館、3流料理人 柴田満月の逆襲 は、ソモソモの俺の発祥の地だ。

種明かしを一つしよう。。

俺が本館を立ち上げる前に書いたメモに、

商品説明より、「記事そのもの自体が読み物として、面白いと言う事」とある。

この点が俺をモノカキとさせた。

一つの策略として、まず、スマホではワザと観づらく、ごちゃごちゃと改行もせずに、思うが侭に書いた。

ワザとだ。

小説をそれも面白いヤツのページをめくるドキドキ感を表現したかったのだ。。

もう一つ、「いや、休憩時間になど、読んで居られない。。ゆっくり、帰ってからパソコンで観よう」

ごちゃごちゃと改行もせずに、自身の事を記事にすることは、ほぼ、ネットカフェに住んでいた時期に、

中田英寿氏のブログを読んだ時への、オマージュである。

狙いはほぼ、当たった。。

さぁ、やっと記事を腰を据えて読んでもらえるようになった。。

俺はブログで食って行ける人達ほど、パソコンの知識を持ち合わせては居ない。

だが、実際に渋谷に住んでいるのだ。値段以上に価値のあるものを売っている所の人は、

俺の事を、見聞きしているのだ。

例えば、こないだ革を扱うお店について、記した。

話をしたにも拘らず、俺が名刺を渡してないと言う事は、「買うには値しないよ」ということさ。

渋谷に無くて行った事さえない店でも、HPで良いと思えば、乗っけてるよ。。

今後もこのスタンスを変える積りはない。。

 

前フリが長くなったね。

まぁ、もう、慣れてもらえたか。。。

 

実は俺はグーグル+の一人のみと言うところに登録している。。

みんな、いいものを喰っている事に、些か驚く。

こまめにコメントを残すようにしている。。

ご丁寧な返信を頂く事も多い。。

皆いいなぁ。。

喰ってもすぐに吐いてしまう俺は、つまみなど殆んど取らない。

此処2日、俺は、吐かなくなった。

貰ってきた、わかめご飯と、セブンで買ったタンタン麺を喰って、又寝ようと思っている。

体力を元に戻そう。。

意思は前と変わらない。。

今は思いも因らぬほどの貧乏なれど、先の事は自身で決めるのだ。

 

さて、一人のみの方も家族と一緒の方も、食品のいい処を、乗っける。

本館にも載せた事があるが、其の時の反応は、イマイチだった。。

何故か??それは俺が書く記事で、此処の良さを上手く伝えられなかったからだ。。

では広告を出します。此処だ。


毛蟹は俺の好物の一つだが、身を解すのが嫌になる。。毛が邪魔な事だ。。ここのは、丁寧にばらしているので、

そのまま、食べられる。

そしてこの会社は、実は、五反田にあるのだが、他に取り扱っている物も良いのだ。

とらふぐ。豚肉。うに。そして、果物たちだ。。。

一人のみの人達よ、皆さん、結構な物を食べていらっしゃる。

先ずは第一弾として、此処を俺はお勧めする。

 

それから、もう一つ、俺は、出来るだけ、欝のことを書くのを控える。

先週の勤務など、いいか、もっと苦しんでいるヒトがいるのだ、これ位働けないでどうする??

これだけが俺の行動原理だった。

俺より遥かに苦しんでいる方々に俺が出来る事は、俺自身が活躍する事ではないの。。

必ず、飯が喰えるように成ってやる。

余った時間で、行政のざるから振るいにかかった方々へのボランティアに情熱を捧ぐ。

俺は渋谷の柴田満月である。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

 - 商品記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。