お洒落な高級家具は何処で売っている?

   

満月です。

東京ー渋谷から発信しています。。
世界中の皆さん、こんにちは。

今回は家具の2本立てで行く。

先ずは高級品。「最後に金を掛けるのは家具である。」との格言もあり、俺も、その通りだとは思う。

しかし、今の時代にこれほど反応の遅い業界も珍しい。というか、おめでたい。

まず、そもそも、高級品なら、どの程度の高級品なのか明確にわからない。

例えば、このソファは、イタリアのフィレンツェで先祖代々革製品をやっているところの物なので、
細部に至るまでこだわりまくっています。そして、日本では、これ1個しか有りません。
お値段、200万円。

これなら、俺にも話がわかる。あとは、選ぶ側の価値観と値段が一致するなら、売れる。

あるいは、こんなケース。
このデザイナーは日本人で、現在NYで活躍中です。ですが、日本人の体系と気候に応じたベッドが
あまりにも売っていないので、本人が使用する事を前提として、デザインしたと聞いています。
お値段、100万円。

どうだ、欲しくなるだろう??

今気付いた。俺、コピーライターもできるな。。

次に、モデルケースが極めて少ない。売り場が小さいので、仕方が無いのだが、5個のベッドの内から選べ的な売り方を、今でもしている。お客を舐めているとしか俺には、思えん。

確かに売り場面積を広げれば、多くのモデルルームが出来て、お客さんはイメージしやすいのだが、
現代において、そういった会社は、存続すら危うい。

スマホがこれだけ普及したのだ。
適切な価格でいいデザインのモノを好きなところからお客さんは、選べる。

そして、現代のお客さんは基本的に、必要の無いぜいたく品は、買わない傾向に有る。

そして、結論。お洒落で、適正価格の家具が欲しがられるし、売れるのだ。
今回、俺は、ここを見つけてきた。ここだ。



ソファーと、ベッドは、格別に良い。
あとは、搬入経路だけは確認してくださいよ。搬入は無料だが、入らないのでは、無理ですから。
裏技は、窓を外して、搬入経路を確保するという手段もあるのだが、高層マンションでは、無理。
ここのは、向きません。

さてと、もう1件。
これは、お金持ちとは、真逆な方々の為に書く。

安く済ませる方法を教える。
海外の方よ、東京のマンション(皆さんが言うアパートメントの事を日本では、マンションと呼ぶのだ。)は、皆さんが思っているほど、広くは無く、家賃は高い。

よって、ベッドを置き、ソファーと、クローゼットが入らないケースも結構多い。
勿論、1人暮らしの方々向けにだ。
だからこそ、その方々に特化した家具のサイトがあり、これが安くて便利なので、俺は、ずっと前から掲載している。それがここだ。



ベッドの下が大容量のクローゼットになっているとか、余所の国で発想できないであろうし、160センチ未満の女の娘の為のベッドなぞ、此処でしか観た事が無い。高品質で、低価格である。

今回は、ハイクラスの人達が割りと安く良い物を買えるサイトと、
低予算だし、部屋も狭いので、家具が置けない方々へのサイトと2本立てとした。

両極端に見えるかもしれないが、人間である事には違いが無い。

                         柴田満月

 - 商品記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。