男の服。。。休日に何着てるの?

   

満月です。。

昨日かちゃかちゃと調べ物をしていたら、

この別館では、大阪からのアクセスが、6割以上と解かった。

20~40代の方たちだ。。そうだ。。。

当然、皆さん、働いていらっしゃるだろうから、服位は好きな物を着ていいはずだ。。

 

だが、俺は2月まで生活保護を受けていたので、昔のように気にいった高い服を買えないジレンマで

心を痛めた。

自立するのには当然、働かなくては為らない。。

生活保護には被服費という名目があって、1万3千円くらいは、負担してくれる法律がある。。

働きに行く時の服を買いたい!と俺は、当時のケースワーカーに伝えた。。

するとどうだ。返ってきた答えは「被服費はホームレスの人達のための法律です。」

こう、こかれた。。

だがしかし、ちんばでも、働きに出ない限り、この生活から抜けられない。。

ある時、生活保護課でやっていたパソコンのセミナーの担当者にそのことを伝えた。

するとどうだ、翌日には、電話が掛かってきて、被服費を認める、とのことだ。

当たり前だ、法律で決まっている権利を下でにでて、却下などされてたまるか。。

すると、見積もりを持ってこいと、こかれた。

当時いた、池袋のユニクロで、型番と価格を店員さんに教えて貰った。。

チノパン、と長袖のシャツ2枚の見積もりを貰って、それを持って渋谷区役所に行った。

ネットで価格を調べ、間違いが無い事を、確認してから、担当者は俺に被服費を現金でくれた。

くそ!なめやがって。。最初から、話を聴いてくれれば、こんな手間は掛からんのに。。

俺が持っている服は現在少ない。。

だがしかし、革ジャンとウールのシャツだけは、原宿シカゴという、古着屋で買った物がある。

メシを喰わず、毎月1万円づつ貯めた貯金で買った物だ。

値段は安かったが、俺は、革を触っただけで、大体の元値を知ることが出来る。

いわゆる、ジャンク品だ。

全然かまわない、何故なら、簡単に直してもらえる渋谷のお店を知っているからだ。。

35年もフラフラしているのだ。そんなタイプの何処をどう言って直してもらえるか位は解かっているのである。

 

さて、一般人の方の話をしよう。。。

月~金曜日にスーツを、もしくは、仕事着を着るとする。

休日に何を着たらいいか解からない??そう言ったお客さんのアドバイスをよく受けると。。

もう、ずっと昔の話だ。。

奥渋谷の立ち飲みやで、まぁ割と高い店の店長との会話だ。。

其の時、俺は。うわ~!まじ??自分の着たい服もわかんないのぉ?

あれから10年以上も経つ。

やっと、其の時、其のお客さんの気持ちを理解できるようになる。

俺は貧乏に成ったからだ。。

仕事着であるスーツのほかに休日の服も必要となる一般人の気持ちが、解かる様になったのだ。

余計に金が掛かる。。ここだ。。。

でも、ダサくては、お話に成らない。。。

 

まず、マネキン買いだ。

上から下まで、マネキンが着ているものをそっくりそのまま、買ってしまえば良い。。

今回掲載するのは、まずここだ。。


ある程度、自身のセンスに自分で選べる力を持つ方には、此処をお勧めする。

それがここだ。


雑誌BITTERの公式通販サイトだ。

ビタ男って言葉もあるらしい。

だが今の時代の意気であることには間違いない。。

 

仕事着は辛抱着でもある、

休日は遊び着、もしくは、本来の皆さん自身の服でいいと思う。

 

俺はどうしてるかって?

俺は当初の予定に無い、満月としての生活を、そっくりそのままやっている。

そもそも、プライベートと柴田満月は初めのプランでは、別人格で行く。

と、ブログを書く前に決めていた。

だが、いざ、書き始めてみると、24時間、ずっと、満月なのだ。。

 

プロレスの長州力さんが、なんかで、話していた事を思い出す。

俺は、1日の中で、長州力で在れるのは、2時間位しかない。。

でも、アントニオ猪木は24時間、猪木のままだった。。と。

 

猪木さんの全盛期を俺は知っている。。

金曜日の夜8時からの放送だった。

俺は金曜日に中学生か、高校生だったかは忘れたが、塾から真っ直ぐうちに帰った。

親父がいてもいなくても、TVでプロレスを観た。

興奮した。。。

若造の俺が、プロを毎週観れるのだ。

プロとはギャラが発生して、生活の出来る事を俺は、意味とする。

 

もうすぐ、そうなれるさ。。

なってやる。

でもな、皆さま、余所のヒトに簡単に教えるのは止めとくれ。。

ここは、俺と読者との秘密のサイトだからである。。

 

俺以外にも鬱に悩んでいる方が多いと聴く。

其の方々にバナーを張る。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

では又更新します。

柴田満月

 - 商品記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。