安くて美味い日本酒って何処だ?

   

満月です。

大分、涼しくって言うのか、夜更けには寒さを感じるように、なってきた。。

昨晩の勤務の休憩時間には、正直、寒かった。。

俺の休憩時間は、タバコを吸いに外に出るのだ。。

1時間あるのだが、余りにも寒かったので、早めに切り上げた。。。

 

そろそろ日本酒が恋しくなる季節である。。

以前、本館にも今回紹介する此処を乗っけた事がある。。

だが、記事の書き方が幼稚で、上手く此処の良さを表現できなかった。。

 

大体ソモソモ、日本酒の美味いのは、手に入れることが出来ない物が多いのだ。

大手百貨店ですら、なんだよ、こんな程度の酒位しか置いてねぇのかよ。。。

と思う事がある。。

 

俺は昔、日本酒の専門店にいた時期がある。。

普通手に入らない旨い酒を高い値段でばんばん売っていた。

だから、詳しい。。

 

極上品でおまけに入手困難な酒の事は又、別の機会にホームの記事にでも載せましょう。。

 

では、今回紹介する此の造り酒屋がどんな方に向くのか?

過去に書いた本館の記事には此の部分が不足していたのだ。。

同じ過ちを繰り返しては為らぬ。。

 

家飲みの方々である。。何故か?

安くて旨いからだ。。。

 

今回紹介する、岐阜の渡辺酒造さんを、多分、恐らく、俺は渋谷区内で観た記憶が無い。。

では、何処で知ったのか??

宣材市場である。

当然掲載にするにあたり、調べに調べまくった。。

まず、HPの出来からだ。。

此処は、金が掛かっている。英語版もある。

 

俺は英語版を持たないのか?

ブログを始める前に書いたメモには「将来、英語版を作る」と書いていたが、

そもそも、俺が使っているワードプレス自体が、6ヶ国語に対応しているので、

わざわざ、こさえる必要など、何処にも無いのだ。

実は、昨日もアメリカからのアクセスはあった。まぁ、此の話はいい。。

 

さて、渡辺酒造さんの話に戻ろう。。

にごり酒や、どぶろくまでやっている。

ここが素晴らしいと思えるのは、

 

「自分たちがこさえてる酒は世界でどんなレベルにあるのか?」

という疑問をもって、チャレンジしてみた事に尽きる。。

 

そもそもクラシカルな商いをしている造り酒屋は多い。

昔からの取引先を優先して、もう既に売るところが決まっている。っていうやつだ。

これでは、今の世界では、お話に為らん。。

まがいモノの多くが流通していて、ホントに旨い酒は飲めない。

 

今、世界では、ワイン何ぞより、日本酒のいい奴の方が旨いでないの。。

と言う事に気付き始めてきた。

当たり前な話だ。

「平行複発酵」のアルコールなんぞ、余所の国でやってはいない。。

日本酒は日本民族の酒なのだ。

まがい物が多すぎて、多くの方が誤解されている事の方が多い。

このまがい物達が世界でどのレベルにあるか等という、発想を持てる訳は無い。

 

ここんちは、インターナショナルワインチャレンジという大会で、

勿論、外国でやっている大会でだ。

グレートバリューアワードってのを受賞した。。

 

いいかね、要するに安くて旨い酒であると言う事をだね、

外国人に、つまり、世界で認められたって事なのだよ。。

 

では、のっける。此処が渡辺酒造さんだ。


此の広告をクリックすると、渡辺酒造さんのHPに飛ぶんだ。

課金なんぞや、怪しげなメールが来る事もない。

当家はニッチだ。スマホでは殆んど読まれてはいない。

ほぼ、9割が今の時代にも関わらず、パソコンからだ。

これは、当初からの俺の狙いが当たった事を意味する。

 

何度か、書いたのだが、この広告をクリックできる事を知らない、そして、気に入ったらその場で買い物が出来る事を知らない渋谷住民が居る事の驚きも知った。。。。

まぁ、其の話も別な機会にホームの記事にでもしよう。。

 

今日は休みだ。俺も腰を入れて書いた。

多くのブロガー達が、記事を書くのが大変だとか、更新するのがめんどくさいとか、1000文字が書けないとか言っている。

今の俺には全くそういう問題が無い。。。

だって、今の俺は、モノカキだからだ。

よそ様との決定的な差は俺がモノカキであることに他ならない。

 

又、種明かしを少しだけするのだが、

実は、書いている段階で、反響が、判断できるのだ。

後は、読まれるのが早いのか、想像以上に遅いのかだけなのだ。。

 

以前にぱーを相手にモノを書いた事は無いとはっきりと結論づけた事もある。

「知的好奇心とその探求」、俺は、其の事を欲して止まない。。

だからこそ、日本を4週半もしたのだ。

 

此処は未だ出来立てのほやほやだ。。

 

だがブログ村での渋谷情報でのランクは5位だ。

自身に余りプライドなど持った事もないが、

ある人はこう言った。。。

ブログからモノを買うヒトはいない。。

俺も本館を始めたての頃には、

タイシテ中身の無いブログにぺたぺたとバナーを貼って自己満足をしていた。

それなりの数をこなしてきて、ある程度理解を深めた。

 

買う価値も観る価値も無いバナーなど乗っけても、

知的好奇心を満足できないのだ。。

 

今は、判る。

ウチはインテリしか観に来ないからだ。。。

当然PV数なぞ、相手にはしない。。。

AMP対応もしない。

中身一本で勝負に出る。

そして、俺には最上級のネタがある。。

それは「渋谷の満月」であると言う事だ。。。此の件は後々お判りになって頂けると思う。

 

これからアフリを目指す方、

教材は只の教材に過ぎん。

自身の個性に特化して御覧なさい。

 

俺の本館のタイトルは、「3流料理人 柴田満月の逆襲」である。

もう、既に、此処で勝負はつくのだ。

本館の方ではキーワードなど、一切無視している。

広告も9月から載せるの止めた。。

あっちは、日記、もしくはコラムだ。

商品紹介はこっちでしか、書かない。

ブックマークで80%を切らない。。

 

こっちはエンタテイメントに登録してある。

日記ではない。

イイ物を紹介する日記なぞ、無い。

読者に知的好奇心で満足をして頂き、もし、欲しかったらなら、ここで、このまま、

お買い物が出来るように、考えに考えまくって、そうした。そして現在に至る。

 

生半可な気持ちではじめる前に是非、お考えなさい。。

俺自身は大した事は良く知らんが、大した事を知っている人のことをを知っている。。

だから、Xサーバーで、運営できるのだ。。。

 

さぁ、今回の記事。

どんな反響が出るのか既に判ってはいるが、結果が愉しみで仕方が無い。

先と出るかそれとも後と出るか。。。

 

繰り返して悪いのだが、日々の作業でヒーヒーの輩が、

自分達のお酒が世界のどのランクでいるかなどと、考える事は出来ないと、思う。

俺は、渡辺さんの此の心意気に惚れた。

柴田満月

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 渋谷情報へ
にほんブログ村

 - 商品記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。